mineoでおすすめのSIMフリースマホは「ZenFone Go」

最近では携帯電話料金を安くしようと、格安スマートフォンの人気が徐々に出始めています。

 

光コラボや乗り換えでの割引も大きな魅力の一つですが、大きな通信費の削減にならないので、そのような人たちは格安スマートフォンを選んでいます。

 

最近では、大手家電量販店では専属のアドバイザーも派遣しているところもあり、どのようなサービスなのかを実際に説明を聞いて契約できる環境が整いつつあるため、消費者の格安スマートフォンへの流れは、今後も大きくなる傾向が強くなりそうです。

 

格安スマートフォンの中で、人気が徐々に上げっている会社にmineoがあります。mineoはAUの電波を借り受けてサービスを提供している、携帯電話事業者です。

 

mineoはSIMフリー端末であればほとんどの端末で使用できるため、契約者数を伸ばしています。さらにいままでAUを使っている人で、今使っている端末をSIMフリー化できるひとはそのままmineoのSIMを使えるため、契約者数増加を後押ししています。
格安SIMを契約する人のほとんどがZenFone Goを購入し使っています。このスマートフォンを作っている会社は、スマートフォンのほかにパソコンも作っている会社で、IT企業としては世界的に大きな会社になりつつあります。

 

ZenFone Goの機能としては、コンピュータはクアッドコアで4つのコンピュータで動いています。最近ではオクタコアなど、コンピュータが8つで処理を行うものが出ていますが、かえって発熱の原因となったり、電池の消費が激しくなったりするなどの原因となるため、普通に使うスマートフォンとしては最適なコンピュータの数でしょう。

 

本体容量は16GBでメモリは2GBあります。ここは一般的なスマートフォンと同じです。

 

画面は5.5インチで、比較的大きな画面です。液晶の綺麗さからいうと普通か、若干綺麗くらいです。5.5インチのスマートフォンの中では比較的安価に購入できるスマートフォンです。大手家電量販店でも比較的安価な金額設定がされていることがほとんどですので、一度見てみるとよいでしょう。

 

電池の容量は3010ありますので、電池の持ちに関しては上位に来るスマートフォンといってもよいでしょう。

 

スマートフォンは1日に電話をしたり、データ通信をしたり様々ですので電池の持ちはスマートフォンの機能の重要なところです。

 

せっかく格安SIMを使って月額料金を安くしても端末購入費で高くついては元も子もありませんので、よく検討して購入しましょう。