mineoの維持費を計算してみました。

スマートフォンやタブレット、モバイルルーターなどの月額費用を劇的に安くできる手段として、近年高い注目を集めているのが格安SIMと呼ばれるサービスになります。

 

格安SIMは、MVNOと呼ばれる事業者が大手携帯キャリアから通信網を借りてサービス提供を行っているので、通信品質や通信エリアの広さは大手キャリアと遜色がありませんし、それでいて月額通信費用が大手キャリアの半額以下となっているので、上手に利用することで毎月の通信費用を劇的に下げることができるのです。

 

最近では様々なMVNOが登場していますが、人気と実績のあるMVNOの一つとして紹介したいのが、mineoになります。mineoはケイ・オプティコム社が取り扱っている格安SIMサービスで、ドコモの回線を利用した格安SIMとauの回線を利用した格安SIMの両方を取り扱っているという点に大きな特徴があります。

 

mineoと契約して格安SIMを利用する場合には、毎月どのくらいの利用料金を支払うことになるのかについて説明していきます。

 

mineoは毎月利用できる高速データ容量別に5段階のコースがありますし、SIMの種別はデータ通信用SIMと音声通話付きSIMとの2種類の取り扱いがあります。

 

ベースとなるデータ通信用SIMの料金についてですが、500MBコースが700円、1GBコースが800円、3GBコースが900円、5GBコースが1580円、10GBコースが2520円となっています。これはドコモプランとauプランに共通する料金であり、ドコモプランでSMSオプションを利用する場合には月額利用料が120円追加され、音声通話付きSIMを利用する場合には月額利用料が700円追加されます。

 

一方でauプランの場合は、SMSオプションの月額利用料は無料、音声通話付きSIMを利用する場合には月額利用料が610円の追加となります。

 

このことからドコモプランよりもauプランのほうがややお得度が高いことがわかります。ただしauプランを選んだ場合にはシムフリー端末を持っていたとしても、すべてのシムフリー端末に対応しているわけではないので、契約前にauプランで利用できる端末について入念に確認しておくことをおすすめします。

 

またmineoには一人で複数の回線を契約した場合には「複数回線割」が適用されますし、家族で利用した場合には「家族割」が適用されるので、1回線あたりの利用料金をさらに下げることができます。